日本は中絶が多いのか

日本は中絶が多いのか

津々浦々は、強国の中でも天下一といっていいほど中絶が多い各国となっています。

 

津々浦々は、背景からは中絶強国という知られています。

 

 

いったい年間でどれくらいの中絶が行われているのかをご紹介します。

 

厚生労働省が平成25カテゴリーに発表した数値では、人工受胎中絶の数が通年186,253事だ。

 

すなわち月間にすると約15,000事だ。

 

毎日だと約500件の人工受胎中絶がされているということになります。

 

いよいよ背景からみましてもこういう数はとても異常だと思います。

 

ひいては、これは人口中絶の場合であって普通中絶も同じ数値になっています。

 

ですので、合計すると年間で人口中絶って普通中絶だけでも通年40万人以上の
乳幼児が中絶をされているということになります。

 

これはほんとうに多い数値ですのでよくありません。

 

 

では、何で津々浦々はこれほどまでに中絶が多いのでしょうか。

 

その理由として挙げられるのが、ピルが日本に浸透していないということです。

 

日本では、コンドームはとても有名ではありますが避妊薬のピルは依然として知られていません。

 

そのため避妊をするのは、コンドームしかないと思っているほうが本当に多いです。

 

ひいては、ピルを知っていてもクリニックで処方されると至っておっきいので
購入をすることができないという方もたくさんいます。

 

 

ですので、そんなわけから日本ではどうもピルが浸透していない要因ともいえます。

 

 

因みに海外では、ピルはとても有名で普通に薬局などでも低価格で売られています。